投稿日:

開店祝いを贈るタイミング

知人、取引先、また親族などがお店を開店した場合の贈り物として胡蝶蘭を選ばれる方は多いと思います。

豪華な胡蝶蘭は開店に文字通り花を咲かせます。花粉も飛ばず香りもほとんどないので飲食店のお料理を邪魔しません。

病院や事務所の開店にも上品な胡蝶蘭はぴったりです。また、アレンジのお花と違い贈ってから数ヶ月は花が咲き続けますので喜ばれること請け合いです。お花に限らず開店祝いの贈り物は、開店日の前日か当日の午前中に届くようにするのが一般的です。プレオープンがあればその日に合わせます。

鉢植えの胡蝶蘭ならば、余裕を持って一週間位前からでも大丈夫です。開店前は何かと準備が慌ただしく、中には工事がギリギリまでかかっている場合もありますので、受け取りに都合の良い日を送り先に予め電話などで確認した方が安心です。飲食店の開店祝いでは、家事を連想させる赤色を避ける方が無難です。ラッピングにも気を使いましょう。

白やピンクの胡蝶蘭は2万円代から5万円代まで予算に応じて選ぶことができます。

また、なんらかの事情で開店日に間に合わなかった時は「祈御発展」とメッセージを添えて送ることができます。この場合も開店日から1週間以内には届くようにしましょう。

 

胡蝶蘭についてはこちらからご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です