投稿日:

胡蝶蘭が根腐れしてしまった時の対応方法

胡蝶蘭は比較的、お手入れが簡単で育てるのが簡単だと言えているので、近年は胡蝶蘭ブームが来ていると言われています。
また長い期間、キレイを楽しめるところも人気なので、祝い事やプレゼントなどでも大変人気を呼んでいるお花なのです。

そんな長くキレイを保てる胡蝶蘭の様子はおかしいと感じて困った経験はありませんか?胡蝶蘭に異変が起きている時は、大変が根腐れを起していると言われています。

まず、胡蝶蘭が根腐れをしてしまうと、どんな症状になるかの点について説明をしますが、まず、根腐れとは根が傷んで腐ってしまう事を根腐れと言います。
根腐れを起すと、必要な栄養分を吸収する根っこが腐ってしまうので、株が急に弱ってしまったり、最悪な事態は胡蝶蘭自体が枯死してしまうのです。枯死をする前に寝腐れを見つけられれば、またキレイな花を咲かせられる事もできるので、まずは根腐れによって現れる状態を覚えておきましょう。

○花が咲かない。○植え込みの部分の表面に白いカビが出ている。○鉢全体がカビ臭い。○茎にシワが出ている。○以前よりも花が枯れるのが早い気がする。

上記の事が起きている場合は、根腐れを起している可能性が大変高いのです。

では、どんな風になると根腐れを起す原因となるのかについて説明をすると。

圧倒的に多いのが水のやりすぎから、根腐れを起こします。
胡蝶蘭はもともと水やりが他の花に比べると少なくも大丈夫な花なのです。それを知らずに酷いと、毎日水をあげていたという人もいるのですが、当然毎日の水やりはやりすぎです。
通常が10日1度ペースのみずやりがベストだと言われていますが、胡蝶蘭を置いてある環境の事もあるので、10日に1度を基本として、鉢の中の土を触ってみて、完全に乾いている事を確認した上で、10日1度水をあげます。また受け皿は毎回チェックして、受皿に水が残っていないかを確認してください、受け皿に水が残っていると、根腐れの原因となります。

水やりには充分に気をつけて管理をしているけれど、根腐れを起してしまったと言う方も中にはおられますが、その場合が肥料のやりすぎが原因となる事が多いのです。
まず、胡蝶蘭はもともと栄養が少ない中、成長ができて、キレイな花を咲かせる能力のある花だと言われています。なので必要以上の肥料をあげると、それこそ根腐れの原因となります。

基本的な考えとしては、胡蝶蘭栽培に関しては、肥料はいらないと考える専門家も多いので、あとは自己判断のもとに肥料の調整をしてください。あげすぎは絶対にダメです。

充分管理をしているけれど、何かしらの原因によって根腐れを起してしまう事もあるでしょう。そんな時はどんな風に対処をしたら良いのでしょうか?胡蝶蘭が根腐れした時の対処方法で一番無難なのが、根腐れをしている事を確認したら、できるだけ早急に傷んでしまった根を除きましょう。

まず、胡蝶蘭の植え替えの為に用意する物は、新しい水苔、消毒をした園芸用にはさみ、清潔な鉢をそろえます。
園芸用にはさみを消毒するには漂白剤の塩素消毒をする方法とはさみを焼く方法があるので、お好きな方をしてください。

鉢に関してはプラスチックの鉢よりも、素焼きの方が通気性も良いので胡蝶蘭には向きます。

植え替え方法のやり方は、まず古い鉢から丁寧に胡蝶蘭を出します。古くなった水苔を丁寧に取り除きます。傷んでしまった根はハサミで切り落として下さい。

健康な根は白っぽい緑色をしていて、つまむと張りや弾力がありますが、傷んで根腐れを起している根は、黒っぽく変色を起していて、つまむとスカスカとした状態になっています。

根の処理がキレイに出来たら、新しい水苔を根っこに巻きつける形にして鉢の中に埋め込みます。
この時に、水苔が切り口の細菌の感染を防ぐ為に乾燥をした水苔使い場合と、軽く湿らせた水苔を使う方法があるので、やり易い方を選んで問題ありません。

そしてとても重要な点は、植え替えをして2日~2週間の水やりと肥料は細菌の感染予防の為と株の負担になってしまうので、不可です。他の花の植え替えだと水を充分にあげるイメージがありますが、胡蝶蘭は違います。
また、植え替えのベストな時期は春だと言われているので、時期のタイミングを図る事もとても大切なのです。

根腐れを起してしまい、健康な根が殆ど無くなってしまった胡蝶蘭でも株に細菌感染を起していない場合は、お手入れと植え替え次第では助かる事があるので、植え替えの時期を見ながらする事をお勧め致します。

また、希な事になりますが、根腐れを起す前に胡蝶蘭が危機を察知してなのか?本体とは別に新芽のように枝分かれした株別れをしている事があります。その時には分けて植えると良いでしょう。

胡蝶蘭は異変に早く気付いて、正しいお手入れをすれば、再度美しい花を咲かせてくれることができます。まずは、普段から胡蝶蘭の様子をチェックして、様子がおかしい時は上記の方法で対処してみてください。

投稿日:

胡蝶蘭のラッピングの注意点

日本では胡蝶蘭は贈答品としての側面が強いため、胡蝶蘭を購入するときには必ずラッピングのことを聞かれます。
もちろん贈答品として贈る場合には、ラッピングを必ずします。観賞用にデザインされた鉢であればラッピングを行わなくても問題はありませんが、ほとんどの場合観賞用の鉢ではありませんから、ラッピングで鉢を隠し、豪華さと華やかさをプラスします。

ラッピングと一口に言っても、さまざまな色が用意されています。
特に色に決まったルールはありませんが、お店や会社のイメージカラーや相手の好きな色を選ぶと喜ばれるはずです。
ただ気をつけないといけないことは、新築祝いや開店祝いなどで胡蝶蘭を贈る場合には、赤は控えた方がよいでしょう。赤は火事や赤字を連想させる色となりますから、人によっては不快に思う場合もあります。
また供花として贈る場合には、あまり派手な色のラッピングを避け、紫色や緑色など落ち着いた色の包装紙にすると無難です。

色はそれぞれ相手に与える印象が異なります。
赤色は情熱的・活動的な印象がありますから、勝敗をかけたお祝いや還暦におすすめです。
黄色は知識・幸福・向上心といった印象があり、気分を明るくする色ですから開店祝いや四十九日をすぎたお悔やみなどにおすすめです。
青色は安全や冷静・さわやか・冷静な印象があり治世や冷静を感じさせてくれる色ですから、男性に対して贈るのにおすすめです。
緑色は調和や平和・自然・穏やかさ、自然を象徴する色ですから、新築祝いや就職祝いにおすすめです。
橙色は家庭・暖かい・仕事・自由を与える印象で、親しみやすく思いやしのある色ですからお見舞いなどにおすすめです。
紫色は高貴・魅力的・優雅・神秘・非現実的な印象がありますから、古希祝いやお悔やみにおすすめです。
白色は美しさ・清潔・純粋・潔さを与える印象で、結婚式やお悔やみにおすすめです。
ピンクは感謝や幼さ・優しさ・幸福を与える印象があり、優しい気持ちになれる色ですから女性に対して贈るのにおすすめです。
金色は成功や富・高級・輝き・豪華な印象があり、高級感をイメージさせますから、上場記念や設立記念などにおすすめです。
胡蝶蘭のラッピングの基本は、コーキングペーパーと呼ばれるセロハンと、薄めの紙、少し厚めの紙、リボンとなります。

贈られた胡蝶蘭はきれいにラッピングされていますが、そのまま飾っておいた方が良いのか、いつラッピングをはずせばいいのか戸惑ってしまう人も少なくないのではないでしょうか。
ラッピングをしたままの状態では、鉢に中が蒸れてしまい湿度が高くなって根腐れを行き起こす原因になってしまいます。
そのため胡蝶蘭の健康のためにもラッピングをはずすようにしましょう。
ラッピングをしたまま水やりをしてしまうと、通気性も悪く湿度や水分過多の状態を起こり根腐れやカビを引き起こしてしまいますから、ラッピングははずしましょう。

胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」で、お祝いのシーンに大変ふさわしい花といえます。
贈られた胡蝶蘭を長く楽しむためには、正しいお手入れ方法を知っておく必要があります。
胡蝶蘭は熱帯ジャングルで自生している植物ですから、強すぎる直射日光は苦手です。そのため胡蝶蘭をもらったら直射日光が当たらない風通しの良い場所に置きましょう。あまり窓際に置くと昼夜の温度差が大きくなりますから注意が必要です。
またエアコンの風があたると花がしおれてしまう場合もありますから冷暖房の送風が直接当たる場所は避けましょう。

胡蝶蘭のラッピングはとても豪華に見えますからそのまま飾っておきたいところですが、紙やセロファンをそのままにしておくと鉢の中が蒸れてしまい根腐れを起こしてしまいますから、胡蝶蘭をもらったらすぐにラッピングをはずしましょう。
もし開店祝いなどで贈られた場合すぐにラッピングをはずすのが難しい場合には、お披露目のタイミングがすぎた頃にはずしましょう。
一般的に胡蝶蘭をもらったら1ヶ月ほどは花を楽しむことができます。株の状態がよければ二番花を咲かせることもできますし、植え替えをすることで花持ちのよい胡蝶蘭を長年楽しむことも可能です。

植え替えは複数本寄せ植えをしているものや2年以上植え替えをしていない場合に必要な作業で、ミズゴケなどの植え込み材は古くなるとカビが生えて環境を悪化させてしまいますから、定期的に植え替えを行う必要があります。
基本的には4~7月頃に植え替えを行うのが目安ですが、根腐れを起こしている場合は、早急に植え替えが必要になります。

胡蝶蘭を美しく引き立てて一層華やかに見せてくれるラッピングは、長く育てていくためにはもったいないですが最初の水やりの際には取り外しましょう。
ラッピングをしたまま水やりをしてしまうと蒸れてしまい花の寿命を短くしてしまいますから致し方ありません。
どうしてもはずしたくないという場合には、包装紙だけを取り外してリボンだけをかけておくという方法もあります。

胡蝶蘭の育て方

投稿日:

豪華で運気もアップルする胡蝶蘭

夜の世界や芸能界でお誕生日プレゼントを贈るならば、断然お花が喜ばれます。
どちらの世界の方も高価なブランド物などのプレゼントは飽きるほど頂いてると思うので、気持が癒されて後には残らないお花が一番好ましいプレゼントなのです。

そしてキャバ嬢の世界で最も喜ばれているのは、胡蝶蘭のお誕生日プレゼントなのです。
その理由としては、胡蝶蘭を頂くと風水的に運気が上るといわれている事も一つの理由ですが、お店の前や通路に飾る事で、そのキャバ嬢の人気そのものを示すものとなるので、お誕生日プレゼントとして胡蝶蘭を頂くのは、お誕生日に胡蝶蘭がずらりと並ぶ子は周りに対しても自分の絶対度を示せるので、何より欲しいお誕生日プレゼントとなるのです。

また胡蝶蘭は他の花と比べて持ちが良くて、華があるので贈り物としての花の中では人気が1~2の花だと言われています。
3本立ち5本立ち7本立ちを本数が増える事に華も豪華さも増しまずが、3本立ちでも充分豪華さを感じる事が出来るので、お値段以上の花と言えるのです。

女性ならば花をもらって嫌な気分になったり、好き嫌いがないプレゼントなだけに、絶対的なのです。

また胡蝶蘭はプレゼントとしてもらったキャバ嬢がSNSなどにアップした時に画像映りがとても良い事から、ここ数年は益々人気となっている花なのです。花束やスタンドの花よりも胡蝶蘭が全然画像映りが良いのです。

またキャバ嬢内では胡蝶蘭をプレゼントしてくれた客をご贔屓さんと見なす事から、特別扱いをしてくれる可能性が高いと言うのが、その世界の定説なので、自分が特別な贔屓筋になる為にキャバ嬢のお誕生日プレゼントは胡蝶蘭を決めている人も多くいると言われています。
それなりにプレゼントをしてもご贔屓筋として認めてくれなければ意味がないので、そんな点でもプレゼントをするなば胡蝶蘭だとも言われています。

また今までご贔屓さんとは認めてもらていなかった人も、お誕生に胡蝶蘭をキャバ嬢に送った事により、その日よりご贔屓筋と認められる事もあるので、きっかけ作りとしても最適なプレゼントだと言えそうです。

お気に入りのキャバ嬢に一気に近づくきっかけとなる事は間違えありませんし、お値段的も高級なバックよりも全然お徳なお値段なので、送る側としてはお財布にも優しくて横ばれるので、まさに一石二兆です。

なお胡蝶蘭のプレゼントをキャバ嬢さんにする場合は確実なのは前日までに胡蝶蘭を扱うお店に予約をする事です。
現在はサイトでの予約も扱う店があるので便利ですよ。

投稿日:

開店祝いを贈るタイミング

知人、取引先、また親族などがお店を開店した場合の贈り物として胡蝶蘭を選ばれる方は多いと思います。

豪華な胡蝶蘭は開店に文字通り花を咲かせます。花粉も飛ばず香りもほとんどないので飲食店のお料理を邪魔しません。

病院や事務所の開店にも上品な胡蝶蘭はぴったりです。また、アレンジのお花と違い贈ってから数ヶ月は花が咲き続けますので喜ばれること請け合いです。お花に限らず開店祝いの贈り物は、開店日の前日か当日の午前中に届くようにするのが一般的です。プレオープンがあればその日に合わせます。

鉢植えの胡蝶蘭ならば、余裕を持って一週間位前からでも大丈夫です。開店前は何かと準備が慌ただしく、中には工事がギリギリまでかかっている場合もありますので、受け取りに都合の良い日を送り先に予め電話などで確認した方が安心です。飲食店の開店祝いでは、家事を連想させる赤色を避ける方が無難です。ラッピングにも気を使いましょう。

白やピンクの胡蝶蘭は2万円代から5万円代まで予算に応じて選ぶことができます。

また、なんらかの事情で開店日に間に合わなかった時は「祈御発展」とメッセージを添えて送ることができます。この場合も開店日から1週間以内には届くようにしましょう。

 

胡蝶蘭についてはこちらからご覧ください。